松本市よりフロントドア交換塗装事例(スバル・レガシィ)

【ご相談ください!価格も仕上がりも重視しています!】
▼修理前

松本市からよりスバル・レガシィの板金修理のご依頼です。
当社ブログを見てご来店いただきました!ありがとうございます<m(__)m>
今回は新品部品とリサイクル部品での修理、二つのパターンでお見積りさせていただきましたが、今回はリサイクル部品での修理となりました。
今回のリサイクル部品はほぼ新品パネルの状態でかなり程度のいいものが手に入りました。

 修理する際の方法はさまざまなのでお客様のご都合や希望を確認して適切な修理方法を提案させていただいております。

【修理内容】
左フロントドア・・・新品交換

▼入庫時の状態です。

▼ フロントドアのキズの深さが目立ちます。(*_*;

▼ リサイクル部品が入庫しました。殆ど新品同様です。

▼ パネル裏側の状態です。

新品のパネルは非常に高い防錆力を持つ電着塗装が施された状態で入ります。
(ほとんどの場合黒い塗装膜)そのため車体色に塗装する必要があります。

では早速修理に取り掛かります。

▼ 下地処理(サフェーサ塗布)を施した状態です。。

塗装工程
塗装工程はまず、サフェーサを塗布するところから始まります。
サフェーサーとは塗料の下地となる塗料のことで、塗装面を滑らかにすることに大きく貢献します。
表面を専用の溶剤できれいに脱脂した後、サフェーサを塗布し、赤外線ヒーターなどで十分な加熱乾燥を行います。
サフェーサーは塗装の仕上がりを良くするだけでなく、防水・防錆効果もあります!

▼ パネルの裏側も下地処理を施します。

▼ ドア単品の塗装が終了した状態です。

塗装に入る前に車体と同じ色を再現するため、塗料の調色を行います。
車のカラーサンプルのデータをもとに調合を行いますが、データ通りに調合してもぴったり同じ色にはなりません。
熟練した塗装職人により配合の微調整が行われ色調が決定されます。

▼ 塗装の際はフロントドアを一度取り付けてフロントフェンダー、リアドアのぼかし塗装を行います。

塗料がかかってはいけない部分はビニールなどで覆いマスキングします。
塗装する面も細かいサンドペーパーで丁寧に当てていきます。(足付け作業)
フロントフェンダー、リアドアの塗装面の脱脂清掃も行い塗装の準備が整いました。

▼ 今回はフロントドア単品を最初に塗装し、ボディ側も塗装を施しました。

カラーベースの塗装を終えると紫外線による色の退化を防いだり、対候性のためにトップコートとしてクリア塗装を行います。

▼ パネル取り換えで左側面すべての塗装が完了した状態です。

▼ 充分に加熱乾燥をした後、数種類のパフとコンパウンドを使い分けポリッシャーを使用して塗装面を磨いて仕上げました。

車体背景が写るほどに修理の痕がわかりません!

▼ 洗車と車内清掃を終えたら作業終了です。お持ちして頂いた以上にきれいにして納車します。

今回の修理は新品での修理と変わらないクォリティーで価格も安く抑えることが出来お客様にも喜んでいただきました。\(^▽^)/

お見積もりは無料!代車無料!本日はご入庫頂き誠にありがとうございました。
またいつでも気軽にご来店下さいね!

お気軽に0263-97-3206までご連絡ください。

※ 修理事例は、コチラ!

※ お客様の声は、コチラ!

※ 当店へのアクセス、またメールでのお問合せは、コチラ!


株式会社 トップオートサービス

〒390-1301
長野県東筑摩郡山形村5610-29
0263-97-3206
営業時間:AM8:30~PM6:00
定休日:日曜日・祭日
※事前にお電話いただければ、多少営業時間後でも対応致します!