松本市よりキズ・へこみの板金修理事例(ホンダ・シャトル)


【最新の技術でお客様の予算に応じた本格修理!】

▼ 修理前

松本市からお越しのお客様で、お車はホンダ・シャトルです。

自宅駐車場内でバックする際にうっかりしてぶつけて傷つけてしまっての入庫になりました。
実費修理の為、予算も少々厳しい中での修理で、バックドアのみの修理依頼となりました。

※ 修理する際の方法はさまざまなので、お客様のご都合や希望を確認して適切な修理方法を提案させていただいております。

【修理内容】
バックドア・・・・・・・・・デントリペア

▼ バックドアが結構酷い状態になっていますね!
通常弊社でも交換レベルの損傷でしたが、職人としての意地が芽生えてしまい板金修理をすることになりました。

▼ バックドアの凹みは裏側から叩き出して修正することが出来ないので、普通はスタッドと呼ばれるピンを溶接して専用の治具で引き出すことが多いですが、当社では溶接でパネル裏側に錆が出ないように、デント修理でグルー接着で凹んだパネルを引き出していく方法をとって作業します。

▼ 引出が終わると接着材の跡をきれいにサンダーで削って滑らかに仕上げます。

▼ バックドアのコーナー部分も押されていたのでそこは裏側から叩き出して修正します。
バックパネルのずれこみでバンパーも奥に押し込まれていましたが、ある程度引き出してあげました。
ここはサービスで処理してあげました。

▼ バックドアにパテを盛り付けて研磨を数回繰り返して平滑に仕上げていきますが、プレスラインがあるので研磨をする際のライン出しは慎重に行います。

▼ サンドペーパーで削って足付けを行い、その後に下地処理のサフェーサを塗布します。
サフェーサを塗布することで防水・防錆の効果があります。

▼ 塗装は専用のブースで行いごみやほこりの付着などを防止します。
当社のベテランの塗装職人が調色をして、現車の色に合わせて塗装をします。
最終仕上げに磨きを入れて完成です。

▼ 納車後も錆び穴発生の心配がありますので、防錆スプレーはたっぷりパネル裏側に塗布します。

▼ 塗装が完了して最終仕上げに磨きを入れて完成です。
すっかり元通りになりました。

洗車車内清掃を終えお引き渡しとなります。

本日はご入庫頂き誠にありがとうございました。(^人^)感謝♪

※お客様からのご感想の記事はコチラからご覧いただけます ⇒ ホンダ・シャトル

お見積もりは無料!代車無料!
お気軽に0263-97-3206までご連絡ください。

※ 修理事例は、コチラ!

※ お客様の声は、コチラ!

※ 当店へのアクセス、またメールでのお問合せは、コチラ!


株式会社 トップオートサービス

〒390-1301
長野県東筑摩郡山形村5610-29
0263-97-3206
営業時間:AM8:30~PM6:00
定休日:日曜日・祭日
※事前にお電話いただければ、多少営業時間後でも対応致します!