安曇野市のキズ、へこみの板金塗装事例(日産・ムラーノ)


【美しい仕上がりにこだわって修理しています!】

▼修理前

安曇野市より、日産・ムラーノの修理のご依頼を承りました。

左フロントドアからリアドアにかけてポールを巻き込んでしまわれたそうです。
かなりのへこみ、キズが出来てしまいました。
フロントドアはデントリペア修理で使うツールを使用しました。
リアドアはリサイクル品を使用して修理しました。

<修理内容>

左フロントドア・・・・・接着引き出し工法、板金塗装
左リアドア・・・・・・・交換(中古)、塗装
リアドアモール・・・・・補修塗装
サッシテープ・・・・・・張替(サービス)

▼今回の損傷部分です。ドアが酷くへこんでいます。
リアドアは交換レベルの損傷ですが、予算を考慮しリサイクル品を使用します。
ドアのサッシテープの劣化が酷い状態でした。仕上がりのバランスを考え、弊社にてドアサッシテープをサービスで張り替えします(^.^)

▼こちらがサッシテープの様子です。細かなキズが多数できています。

▼左フロントドアの裏側です。こちらも鈑金、塗装をします。

▼リアドアモールはオプション部品です。40000円程してしまう為、弊社で再生させることにしました。

▼こちらがドアモールです。

▼よじれはありましたが、ホットガンにて熱処理修理にて再生させました。

▼左側のメッキモール部分はステンレスカッティングシートにて補修しました。
ドアモールは下地処理を済ませて、この後塗装します。

▼フロントドアの修理です。

▼デントリペア修理の際に使用するタブと呼ばれるものを強力な接着剤を使用してくっ付け、引っ張り出します。
この作業方法ならサビ発生が抑えられる事が利点となります。

▼力加減に注意しながら慎重に引っ張り出します。

▼ハンマーで叩いて高さ調整も行います。

▼色々な種類のタブを使い分けてへこみの修正を行います。
またドア裏からも押し出し作業を行います。

▼へこみの修正が終わったら、塗装を削り、下地の鉄板を出します。
粘土状のパテを塗り、凹凸を埋めていきます。
パテが乾いて硬化したらペーパーがけをして表面を平滑にします。

▼次に下地処理剤のサフェーサーを吹き付けます。
サフェーサーには防水・防錆効果があり、またパテが塗料を吸い込むのをシールする役割も果たします。

▼サフェーサーが乾いたら水研ぎをして表面を滑らかにします。
塗装面全体にもペーパーがけをして塗料の密着を高める下準備をします。
周辺は塗料が入り込まないようしっかりとマスキングをします。

リアドアは色違いの物しか無かったため、ボディ色に近い物をチョイスしました。

▼当社で調色した塗料を塗っていきます。
ホコリやゴミの付着が最低限になるよう「塗装ブース」で行います。
カラーベース→クリアーの順で塗装し、しっかりと乾燥させます。

▼劣化の激しかったサッシテープを剥がします。

▼剥がした箇所を洗浄します。

▼新しいサッシテープに張り替えます。こちらはサービスでさせていただきました(^^)/

▼塗装が乾いたら、表面に付着した小さなブツ(ゴミ)を取り除き、数種類のバフとコンパウンドを使い分け、ポリッシャーで丁寧に仕上げ磨きをします。

フロントドアのへこみが全くなくなり、モールも良い仕上がりとなりました。

▼サッシテープもキレイになったので全体的にバランス良く仕上がりました。
最後に洗車と車内清掃を済ませてお客様にお渡しします。

仕上がり、料金ともに大変ご満足いただけました!
また何かございましたらお気軽にご相談ください!

▼お客様からご感想のハガキをいただきました(^^)/

※ご感想の記事はコチラからご覧いただけます⇒日産・ムラーノ

本日はご入庫頂き誠にありがとうございました。(^人^)感謝♪

※お客様からのご感想の記事はコチラからご覧いただけます ⇒ 日産・ムラーノ

お見積もりは無料!代車無料!
お気軽に0263-97-3206までご連絡ください。

Line無料見積り問い合わせは、こちら!
友だち追加

※ 修理事例は、コチラ!

※ お客様の声は、コチラ!

※ 当店へのアクセス、またメールでのお問合せは、コチラ!


株式会社 トップオートサービス

〒390-1301
長野県東筑摩郡山形村5610-29
0263-97-3206
営業時間:AM8:30~PM6:00
定休日:日曜日・祭日
※事前にお電話いただければ、多少営業時間後でも対応致します!