【他店修理後の再修理で安心の仕上がり】

▼修理前

諏訪市より、スバル・WRXの修理のご依頼を承りました。

左リアフェンダーの修理です。
フランチャイズ系の安売りをネット広告で出しているお店で作業してもらったが、仕上がりが不満だったそうです(;’∀’)
お客様から写真を頂きましたが、弊社としても詳細を把握したく、御来店いただくようご案内しました。

<修理内容>
左リアフェンダー・・・・板金塗装(鉄板作成、溶接)
左リアドア・・・・・・・塗装
サイドステップ・・・・・塗装(サービス)

▼こちらが依頼された際のお写真とメールです。

▼弊社で確認したところ、確かにリアフェンダーとリアドアの隙間に、指一本入るスペースが出来ていました。

 

▼まずは塗装を削ります。内側からパテが出てきますので削って、下地の鉄板を出します。

これが、パテを削り落とした後の状態です。ほぼ鈑金修理はされてなくパテをてんこ盛りされていました💦

▼パテを鉄板を薄くしないように慎重に剥がした後です。古墳の土器を発掘する感じで作業しました。
前回の修理工場でも引き出しも挑戦した形跡はありましたが、防錆処理もされてなく、これでは、半年もすれば、錆び浮きは発生してしまう事は確実と思われます。長野県は冬季、融雪剤【塩カル】を路面に巻く地域ですので防錆処理は必須です。

▼弊社修理前のリアフェンダーインナーパネルの状態。全く手はついていませんでした。

▼既に、サンダーで鉄板迄削ってしまわれている箇所は、アルミ箔くらいの薄さしかありませんでした。
慎重に引き出しています。

▼鉄板が薄くなっている箇所は溶接で盛っていきます。

▼溶接して盛った後、へこんでいる箇所を慎重に引っ張り出してみましたが、あまりに鉄板が薄く、これ以上進めていくのを断念しました。

▼結果、右側のリアフェンダーより型を起こし、一枚の鉄板より作製、溶接にて復元することにしました。
新品のリアフェンダーをお客様に購入して頂こうとも考えましたが、無駄な部分が出てくるのと、車両が事故車査定になってしまう為、何とか弊社で事故車査定にならない修理方法で修理を行います。

▼右フェンダーで取った型を左側に当てて確認します。

▼これが作製したパネルと、既にグタグタになっていたパネルです。

▼作製したパネルを溶接しました。しっかりとした鉄板なので安心できますね。

▼作製したパネルを溶接した後は、この車両のプレスラインをスタッドと言う道具でつくりました。

▼ここからは通常の板金作業となります。
下地処理剤のサフェーサーを吹き付けました。
サフェーサーには防水・防錆効果があります。

▼左リアドアの下地処理も済ませます。
サフェーサーが乾いたら耐水ペーパーで水研ぎをして表面を平滑に仕上げます。

▼弊社で調合した塗料を吹き付けていきます。
サフェーサーがきちんと隠れているか確認して塗装していきます。

▼リアドアの塗装も無事に終わりました。

前回の修理費が結構お支払いしたお話しを聞いてしまって、サイドステップのパテ汚れで見るも無残な状態でしたので、弊社の気持ちで修理予定に無いサイドステップはサービスでペイントさせていただきました!

▼塗装後、完全に乾燥させてコンパウンドを使用して仕上げ磨きをしました。
鉄板を溶接して修理したとは到底思えない仕上がりとなりました!

▼隙間も元通りになり、安心して乗って頂けます(^.^)
洗車と車内清掃を済ませてお客様にお渡しします。

フェンダーの仕上がりはもちろん、サイドステップまで綺麗になったので、大変喜んでいただけました!


本日はご入庫頂き誠にありがとうございました。(^人^)感謝♪

 

お見積もりは無料!代車無料!
お気軽に0263-97-3206までご連絡ください。

Line無料見積り問い合わせは、こちら!
友だち追加

※ 修理事例は、コチラ!

※ お客様の声は、コチラ!

※ 当店へのアクセス、またメールでのお問合せは、コチラ!


株式会社 トップオートサービス

〒390-1301
長野県東筑摩郡山形村5610-29
0263-97-3206
営業時間:AM8:30~PM6:00
定休日:日曜日・祭日
※事前にお電話いただければ、多少営業時間後でも対応致します!