【難易度の高い、超高張力鋼鉄板の鈑金修理も承っております!】

▼修理前

松本市より、トヨタ・ライズの修理のご依頼を承りました。

左フロントドアにポールを巻き込んでしまわれたそうで損傷を受けました。
ロッカーパネルまで押されていました。
このロッカーパネルは超高張力鋼鉄板でできているため、手強い作業でしたが、しっかりと元通りにしました!

<修理内容>
左フロントドア・・・・・・・・板金塗装
左ロッカーパネル・・・・・・・鉄板溶接、板金塗装
左ロッカーモールティング・・・交換

▼損傷箇所の位置です。

▼寄ってみるとドアの下部とロッカーモールが結構へこんでいるのがわかります。
ロッカーモールは交換となります。

 

▼ドアを開けてロッカーパネルを上部から除いた様子です。
ロッカーパネルが奥に押されていることがよくわかります。
結構な衝撃を受けたと思われます。

▼ロッカーモールを外すとロッカーパネルのへこみ具合が一目瞭然です。

▼まずは塗膜を剥がしていきます。ドア、ロッカーパネル共にサンダーで損傷箇所の塗膜を剥がしました。
ロッカーパネルのへこみの部分に鉄板を溶接し、へこみを引き出す作業をします。
ドアには専用の金具を溶接して引き出していきます。

▼へこみの修正が終わったら、パテを塗っていきます。
パテが乾いて硬化したら、ペーパーがけをして表面を平滑に仕上げます。

▼次に下地処理剤のサフェーサーを吹き付けます。
サフェーサーには防水・防錆効果があり、また上塗り塗料の密着を高める役割も果たします。
サフェーサーが乾いたら耐水ペーパーで研いで滑らかにします。

次に塗装工程に移ります。
塗装箇所以外にしっかりとマスキングをし、弊社で調合した塗料を塗布していきます。

▼ロッカーパネル内部に防錆剤を注入します。
土地柄、融雪剤(塩化カルシウム)を巻く地域ですので、下回りの防錆はしっかりとしておきたいです。

▼ドア内部にも注入していきます。

▼塗装箇所に付着した小さなブツ(ゴミ)を取り除き、コンパウンドで仕上げ磨きをしました。
新品のロッカーモールを取り付けました。
ロッカーパネルも元通りになり、隙間もありません(^.^)

最終チェックをして洗車と車内清掃を済ませてお客様にお渡しします。

すっかり元通りになりました!仕上がりを見られて大変喜んでいただけました!

お客様からご感想のハガキをいただきました!

※ご感想の記事はコチラからご覧いただけます⇒トヨタ・ライズ

本日はご入庫頂き誠にありがとうございました。(^人^)感謝♪

 

お見積もりは無料!代車無料!
お気軽に0263-97-3206までご連絡ください。

Line無料見積り問い合わせは、こちら!
友だち追加

※ 修理事例は、コチラ!

※ お客様の声は、コチラ!

※ 当店へのアクセス、またメールでのお問合せは、コチラ!


株式会社 トップオートサービス

〒390-1301
長野県東筑摩郡山形村5610-29
0263-97-3206
営業時間:AM8:30~PM6:00
定休日:日曜日・祭日
※事前にお電話いただければ、多少営業時間後でも対応致します!