【排ガス浄化装置DPF故障修理で正常運転が可能に!】

▼ 修理前

松本市からのお客様でマツダ・デミオになります。

ディーラー見積もりで30万近く修理に掛かるクリーンディーゼルデミオのDPF修理でのご相談を承りました。
DPF:排ガス浄化装置(Diesel  Particulate Filter)ディーゼル微粒子捕集フィルター

料金は交換の半値くらいが一式目安になります。

※ 修理する際の方法はさまざまなので、お客様のご都合や希望を確認して適切な修理方法を提案させていただいております。

【修理内容】
ディーゼルエンジンDPF修理

▼ とうとうメーターに【DPF】異常を示す警告灯が点灯してしまいました。
排ガス浄化装置DPFが故障するとエンジン停止をすることが出来なくなったり、燃費が悪化したりと様々な症状を引き起こします。
通常インジケーターランプが点滅している間に手動再生が可能ですが、点滅から点灯に代わるとエンジンが制御され、排ガス浄化装置スイッチが機能しなくなります。

入庫時OBD(自動車故障診断機)にかけた故障状況です。

強制燃焼をかけても時すでに遅し・・・
車体よりDPFを取り外してから始めます。
エンジンメンバーの取り外しは必須ですね!

取り外したDPFは専用洗浄液で少しずつですが、循環させて、アッシュ・溜まった黒鉛炭化付着物を取り除きます。
かなりの根気が必須です。

今回は通常専用の液剤では中々炭化付着物が落ちきれないため、触媒部分を破損させないようにサンダーでカットして作業致しました。

専用DPF洗浄液を循環させている写真になります。

裏からも、表からも何度も洗浄液を循環させます。

小さな穴からアルミかすみたいに見える切り粉が、アッシュだと思います。
DPFから出てきた堆積物の一部は写真のカスのようなものが3倍以上出てきました。

洗浄が完了したら溶接で元の位置に溶接します。

(マフラー防錆コートシルバー)の耐熱塗装をして完了です。

DPFを車両に取り付けしたら、OBD診断機(自動車故障診断機)にて確認とリセット作業で作業終了となります。
以下入庫前の数値以下でした。
だいぶ差圧が高かったでした。
強制燃焼をかけて終了となります。

もう一つの触媒も点検しました。

洗車と車内清掃をしてお引き渡しとなります。

本日はご入庫頂き誠にありがとうございました。(^人^)感謝♪

お見積もりは無料!代車無料!
お気軽に0263-97-3206までご連絡ください。

Line無料見積り問い合わせは、こちら!
友だち追加

※ 修理事例は、コチラ!

※ お客様の声は、コチラ!

※ 当店へのアクセス、またメールでのお問合せは、コチラ!


株式会社 トップオートサービス

〒390-1301
長野県東筑摩郡山形村5610-29
0263-97-3206
営業時間:AM8:30~PM6:00
定休日:日曜日・祭日
※事前にお電話いただければ、多少営業時間後でも対応致します!